『Bashシェルスクリプト入門』刊行

編集をお手伝いした『Bashシェルスクリプト入門』(インプレス刊)が発売になりました。ご興味があればどうぞ。

本書では、Linuxの標準シェルであるBashを使用したシェルスクリプトの作成方法を解説します。
Chapter 1では、シェルスクリプトの概要と基本的な記述方法、およびシェルスクリプトを活用するためのシェルの基本機能について説明します。
Chapter 2では、値を格納し名前でアクセスできるようにstate変数の概要と、シェルスクリプト内でコマンドライン引数を扱う方法について説明します。
Chapter 3では、シェルスクリプトにおける条件分岐の使用方法を中心に解説します。シェルスクリプトに限らず、プログラムは、頭から終わりまで順番に実行されるとは限りません。条件分岐や繰り返しといったいわゆる「制御構造」を記述することが柔軟な処理が可能になります。
Chapter 4では、Bashにおける繰り返しの制御構造を中心に解説します。Chapter 3で説明した説明したif文による条件判断と並んで、プログラムに重要な制御構造が「処理の繰り返し」です。
Chapter 5では、文字列を柔軟なパターンで指定する正規表現の基礎について説明します。
最後のChapter 6では、プログラムを効率よく記述するのに不可欠な「関数」について説明します。シェルスクリプトに限らず一般的なプログラム言語において、この「関数」とは、なんらかの処理をまとめて関数名という名前で呼び出せるようにしたものです。

(注)本書はシェルスクリプトマガジン(USP研究所)に2020年春から約1年間連載された記事をベースに大幅に加筆訂正したものです。

https://nextpublishing.jp/book/17817.html
Bashシェルスクリプト入門 OnDeck Books

Bashシェルスクリプト入門 OnDeck Books

大津 真
1,584円(07/23 10:16時点)
発売日: 2024/06/21
Amazonの情報を掲載しています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)