『アンワイアード デジタル社会基盤としての6Gへ』刊行

編集をお手伝いした村井純・湧川隆次『アンワイアード デジタル社会基盤としての6Gへ』がインプレスR&Dより刊行されました。ご興味のある方どうぞ。

【電波×インターネット】
電波と共にインターネットは地球全体を舞台に果てしなく進化する。
 
新しいデジタル政策の体制が整って、新しいデジタル社会が生まれようとしている。本書は5Gの先の情報通信技術基盤の上に立脚する社会や経済のあり方について見据える提言書である。大きな変革をもたらす可能性のある5Gの解説を踏まえた上で、6Gに向けて現在行われているさまざまな挑戦の技術動向を見ていく。また、電波とインターネットが統合したアンワイアードな環境への移行と、そのアンワイアードの環境が社会の基盤となるために行われていること、実現できることなどについて広く議論する。

https://nextpublishing.jp/book/13840.html
アンワイアード デジタル社会基盤としての6Gへ (NextPublishing)

アンワイアード デジタル社会基盤としての6Gへ (NextPublishing)

村井 純, 湧川 隆次
1,782円(12/01 19:36時点)
発売日: 2021/10/08
Amazonの情報を掲載しています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)